読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来無一物

無一物なんかじゃないと思いながら生きてます。

一発目はいつも何を書いたらいいのかわからないなー。
どうしよう。



日々の鬱憤をね、昨年からまぁものの見事に溜めこんでしまいまして、
それからものの見事に爆発いたしまして。

それからもー自分でもどうしたらいいのかわからないぐらい、
死火山だと思ってたら実は活火山でした、ぐらい、
山もビックリなぐらい噴火続きでして。

こりゃいよいよダメだなー

と思ったので、気晴らしに始めてみました。

ついっただと長文書けないし。

そんな気軽に始めてみただけのものだから、さて、いつまで続くのだろうか。



で、ね、最初だし思うままに。


鬱憤っていうか、鬱憤の根本は仕事場のお局でして。

女子力が高そうな発言をするくせに真っ新な未婚、53歳。
ネイルにこだわり、ショッキングピンクやお胸がよく見える服を愛用、53歳。
かと思えば頭はまるでコボちゃん、53歳。

もうね、こう、なんて言ったらいいのかな。
素晴らしいほどに自分に誇りを持ってるんですね。

「矜持欲」てtこの人のためにある言葉じゃね?

ってぐらい、いつも自信満々、53歳。

自分に自信がまったくない25歳、自信が持てることがうらやましくて仕方ない。
そしてそんな25歳に本気で腹を立てる53歳。

でも、まぁ、私、能天気で楽天家でポジティブですので、
まー今まで何も考えずに毎日過ごしていたわけです。

陰で言われてるのも知ってた。
お互い目すら合わせてないし知ってた。

でも能天気な楽天家、基本的に何も気にしない。
そうやって25年間生きてきた。

そんな25歳、お肌の急カーブがくる前に心の急カーブが参りました。

今までの「どーとでも言うとけ!」精神を急カーブの途中で落っことしてきてしまったようで。
気がついたら同乗者が知らないヤツになってましたね。

あれ、誰お前?
とわき見運転してる間にカーブ途中で故障して前に進めない状態。

事故して初めて知ったけど、「故障知らず!」って思ってたら
意外と傷ついてましたね。
傷ないと思ってたから放置に放置を重ねてたら後戻りできなくなってたね。

ダメだよ。
定期的にメンテナンスしないと突然ガタがくるからね。
心身ともに満身創痍だからね。
出てきた症状を片っ端から調べてったら
共通して「ストレス」って書かれてることがストレスになってるからね。


おまけに、なんとか修理しようにも、どこが悪いのかわからず、
修理できずに慌ててる私を見て心配してくれている通りがかりの人々。

いろいろと一緒に故障原因を探して修理してくれるけど、上手くいかず。

意地で直して「さぁ!」とエンジンかけた途端、
「ホントに直った?」「あっちの車はキレイなもんだよ」
と茶々を入れてくる上司。


そんなこんなで、修理もできずに早ふた月。
動き出しては止められ、動き出しては確認され。

ほっとんど前に進んでねぇから。

って状態ですね。なう。

周りの人たちはねー、見て見ぬふりっていうか?
もうね、あれ、私空気?ってぐらい、気にされてない。
試しに、見えてる?私のこと見えてる?って手を振ってみたのですが、見えてないみたい。

あーそっか、そりゃ見えてないなら仕方ないねー。
だって見えてないもんはどうにもできんもんねーー。


愚痴ってさ、詰まる所、
自分が「こうして欲しいのにしてくれない」っていう不平不満じゃん?
だから極力言いたくないんだよね。

って精神で25年間生きてきたけど、まぁその精神を忘れることもしょっちゅうだけど、
今回は修理方法がわからないからちゃんと相談したよ。
周りに、「どこが悪いのでしょうか」って。

ま、答え出なかったけど。

その流れで上司にも相談したというか。
いや、流れてないな。なんて言うんだろ。

うーーーん。

あ、通りがかったJAF的な?

通りがかりに「どうしたんですか」って聞いてこられ、
呼んでねぇしお金も持ってねぇよ、と思いながら「なんでもないです」って答え。

それを数回繰り返し。

結局JAFの優しさに負けて頼ってみたら、このJAF、なかなかのドS。

人当りのいいような感じで寄ってきたくせに、
「どんな故障でもバッチこい!」って寄ってきたくせに、
蓋を開けてみたら予想だにしなかったほどのドS。

何をどう話していても「故障?んなもん気のせいだろーが」感が否めない。


気のせいなんかじゃないんです。ホントに故障してるんです。

「いやいや、動くってそれ絶対」

いや、動かないんです。ダメなんです。どこが悪いかわかんないんです。

「動くって。動かしてみろって。お前ならできる」


ってやり取りも数回繰り返したよね。
でも気のせいじゃないからさ、さーどうしたもんかと。
それで意地でどうにか修理して、やっと動き出した!って喜んだら

「それホントに直ったの?あの車見てみ、キレーだろ。しかも動いてるぜ?」

って一言が飛んでくるからね。スパルタすぎでしょ。

ま、無料で話を聞いてもらったからいいんですけど。
つかなんでかJAFが払ってくれたけど。
優しいんだか優しくないんだかよくわからない。

でもね、心の急カーブを迎えた私にそのスパルタはちょっとキツイかなぁ。
どうせならカーブ曲がりきってから言ってほしかったなー。

と思いながら、
まきびしでも撒いた?ってぐらいずっとチクチクつついてた。
つついてたっていうか、言ってた。
惜しげもなく言ってしまってましたね。課長に。

でも私もね、根はすごくいい人だからさ。
まきびし撒いた罪悪感は持ってるのね。
だからちゃんと「すみません」したよ。当たり前のことだけどさ。

そしたら思いのほかJAFが傷ついてたのね。
無理矢理笑顔作ってるのね。

そりゃ私まきびし撒いたよ?投げつける勢いで撒いたよ?
でもさ、傷の癒えない内に、故障してるヤツにスパルタってどうよ。

いや、優しさで通りがかりのところ助けてくれたのはわかってるよ。
善意しかないのもわかってるよ。

まきびし撒いたのは悪かったけどさー原因がさー。
いやその表情されるとこちらの罪悪感が増す一方でさー、
胃痛が増してく一方なんだけどさーあ。

うーーーーん。
すいません。撒いた私が悪かった。


でさ、ようやっとちょっと動いてたーよかったー
と思ったらまたきましたよ。油断大敵。ご登場、スパルタ。

「ほら、動いてるだろ」

そりゃ動いてますとも。動かしてますからね!
故障箇所が見えない分それなりに模索しましたからね!

でもなんて言うかなー。
JAFのお陰じゃないのに「ドヤァ」ってされるの、あんまし気分良くないよね。

気分良くないけど、またここでまきびし撒いたら私の罪悪感がさー、ねー?
だから飲みこんだよね。手にしたまきびしを。


そんな先週一週間。

いやー濃密だった。非常に濃密だった。


結果、何もかもが嫌になったので投げやりになってみたら、
ちょっと動き出したよね。ビックリだよね。

根本は何も解決してないし無理矢理動かしてる感すごいけど、
まぁ動いてくれたならいっか、的なね。


とりあえず本当に一回病院行って胃カメラ飲まなきゃいけないと思う。
どうせ胃炎だけど。
急性なのか慢性なのかなんかよくわからないけど、どうせ胃炎。
再発だろうね。
あーやだやだ。
胃カメラ飲むのって結構な勇気要るからね。