読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来無一物

無一物なんかじゃないと思いながら生きてます。

故障車

ご無沙汰。

ご無沙汰してる間、いろんなことがあったね。

とりあえず、胃の調子が悪くてさ、ご飯食べれないし、どんどん痩せてくし。
こりゃ胃炎だか胃潰瘍だかの再発もありえるんじゃね?ってことで、胃カメラ飲んだよね。

そしたらさ、数年前には60代だった胃が40代になってたよ。
あと1年ぐらいで年相応の胃になるんじゃない?って言われて舞い上がったんだけどさ。

あれ?結局胃が痛い原因は?結局ストレスなの?胃がんじゃなかったんだよね?

ってあとになってから思ったよね。
でも気づいた時には出勤してた。遅かった。

で、そのまま放置してたんだけど、やっぱり不調でね。

そういやぁ精神的なものって言われたなー????

って思い出して、心療内科行ったら自律神経の問題だって言われてさ。
薬は嫌だって散々ごねて軽い薬を飲み始めたんだけどね、ビックリ。
胃の不調、驚くほど減った。
あんなに手放せなかった胃腸薬、飲まなくてもよくなった。

でもまぁ、その他症状にはあんまし効果ないから通院の度に薬強くなってってるんだけどさ。
それはそれでショックなんだけど、この際もうそれは置いとく。


それにしても、いや~、自律神経って大切だね。
本当、普段意識してないけど、自律神経さんの働きっぷりには頭が上がりませんわ。

だから早く復活してください、my 自律神経さん。

 


でさ。

急カーブ途中に故障した車でもなんとか動いてる訳ですよ。
そこに居続けても直らないし、後続車に轢かれるし、同じ風景にも飽きたし。
だからムリヤリだけどアクセル吹かして進んでやりましたよ。
すぐにガソリンなくなるから給油大変だけど進んでますよ。


同乗者だったポジティブさんはどうやら重体でどこかに運ばれていったみたいだから1人ドライブなんだけど。
故障原因が取り除かれた訳じゃないからいつまた停まるかわからないんだけど。

恐怖のドライブを楽しんでおります。


でさ、通りがかったJAF上司がね、相も変わらずっていうか、
お前それホントいらない一言だよなって感じのことを言ってくる訳ですよ。

なんて言うかな。
通りがかりに故障車を見かけたから点検してたけど途中で面倒になったからやーめた☆っていうか。
故障した車に問題はあるけど、そこまで乗り続けてたお前が悪いっていうか。
ちょっとした故障で動かなくなる車が悪いんじゃね?っていうか。

そんな感じなんですよね、JAF上司。

なんて言うかな。
通りがかりに声を掛けてくれたことは大変有り難いんだけど、中途半端な優しさはちょっと・・っていうか。


直してやんよ!っていう優しさに甘えきってしまった私が悪いんだけど、こう、落差がね、ひどいよね。

まぁその落差っていうか段差でね、故障車余計に故障したからね。
バンパー外れたよね。

んー何回言ったらいいのかな。
故障中だからちょっとの障害でも悪化の原因になるって言ったよね?
聞いてなかったかな。ちょっと声小さかったかな。


そんなこんなで、出鼻を挫かれまくって気がついたら応急処置のガムテープだらけの車が出来上がりました。

ダメじゃん。