読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来無一物

無一物なんかじゃないと思いながら生きてます。

平々凡々

この前ね、誕生日だったんです。
めでたくレベルが26になりました。
そろそろ3つ目のジムリーダーに挑戦してもいい頃なんじゃないかな、マスター。


で、誕生日挟んで1週間に2回占い行ってきたんですけどね。
つかそれが占い初体験だったんですけどね。

聞きたいこと多すぎる。
あと何を聞いたらいいのかわからなさすぎる。

で、とりあえず聞けること全部聞こうと思って。
転職したいし、お金ないし、男いないし、私の構成すべてを聞いてやろうと思って。

いざ挑戦したらさ、ビックリしたわね。

金運持ってるって。

ないよ?
ここ数か月、お母さん銀行に無利子での融資を土下座でお願いしようか悩んでるレベルだよ???
って思いながら話を聞いていたんですけど。

お金は入ってきてるはずだけど、ストレスをお金で発散するタイプだから
ストレスを自己消化できるようにならないと貯まらないって、至極当たり前なんだけど難しいこと言われました。

思い返せば、私の今の支出、大体飲み代だなぁぁって。
心当たりがありすぎて、グゥの音も出なかった。


あとね、一番聞きたかったのは転職についてなんだけどね。
あと半年は辞めれんって、日にち変えて2回聞いて2回とも同じこと言われた。

「あなたはそこで成長するために働いてるのよ」

とか言われたら、まぁどうにかなるかってなるよね。
神は越えられない云々っていうし、乗り越えられるのかなって。

その割りに一向に体調良くならないけどね。

今日は調子がいい!って時、数字にするとすっごい確率低いけどね。

 

でね、現職でお世話になり始めてからのこと、思い返してみたの。

もうねー、なんつーか、頑張ってたなー私っつって。
最初なんて、嫌味言われても何言われても笑顔を絶やさなかったもの。
仕事上にまったく関係にない嫌味に対してもニコニコニコニコしてたもの。
もっと最初にガツンとしときゃよかったって今なら思う。


結構ね、私にしては耐えた方なんだよ。
導火線が短いっていうか、起伏が激しい私にしては随分と耐えた方なんだ。

それで溜めすぎてめでたく爆発したんだからさ、ちょっとは私の頑張りを認めてくれてもいいんじゃないかなーって。
思わなくもない訳ですよ。

他人からしたら全然かもしれないけど、私にしては頑張った方なんだよ。
だからちょっとくらい誰か褒めてくれないかなーつって。
そしたらまた頑張れるのになーっつって。

でもね、甘かった。
私、自分の頑張りを認めてもらったらもういいやって思っちゃうタイプだった。
怒られたら怒られたで、拗ねるタイプだった(笑)

笑いごとじゃねぇ。
全然笑えねぇ。


結局のところ、自分がどうにか思わないとどうにもできないものなんだということはよくわかった。
人に優しくされたらそれになびくけど、だからと言って人にとやかく言われたところで変わることのない頑固者でして。

まぁ、そんなもんだな、と。
全然笑えねぇ。